日本の自然を楽しむ国内旅行

日本の自然を楽しむ国内旅行、私のオススメはズバリ!小笠原諸島です。自然どころか大自然を思う存分楽しめる、私の中では今一番ホットな国内旅行先です。
その小笠原諸島についてまずはご紹介。2011年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されたことでご存知の方も多いかもしれませんが、小笠原諸島は、東京都小笠原村にある大小約30の島々から成り立っています。東京都竹芝桟橋から南へ約1000キロ、時間にして約24時間おがさわら丸に揺られ、まず着くのが父島です。そこからさらに船を乗り換え約2時間行くと、母島になります。小笠原諸島で一般人が住んでいるのはこの父島と母島ということで、旅行で訪れるメインはこの2つの島になるかと思います。
島に着いてしまえば、あとはもうどこを見渡しても絶景ばかり!「本当に国内旅行?」と思うことでしょう。島では、マリンスポーツをはじめ、ネイチャーガイドさんによるジャングル探検や、ナイトツアー、これからの時期はホエールウォッチングも楽しめます。国内旅行に慣れている人でも、なかなか訪れる機会はないであろう小笠原諸島。船も基本的には5日に1本程度で、アクセス面でのハードルは高いと思いますが、次の旅行先の候補として、ぜひ思いを馳せてみてくださいね!

国内旅行で北海道の大自然を感じる

国内旅行先として人気が高い北海道ですが、美味しい食事や豊かな自然など魅力は多いです。特に北海道と言えばどこまでも続きそうな広い大地と空がとても開放的で、絶景スポットとして観光地化されていなくても鳥肌が立つような景色に出会えることもあります。
人気の国内旅行先ということで自然を満喫できるポイントは多くあり、まず見逃せないのは多和平の大パノラマです。一切遮るものがなく、大自然を見渡すことができますし眼下には牛やタンチョウなど動物も確認できます。大自然と動物のコラボレーションはまさに北海道ならではの景色で、他の国内旅行ではなかなか堪能することができません。
世界遺産の知床も北海道の大自然をダイレクトに感じることができるポイントで、森には多くの動物が生息し、場所によっては北方領土も見えます。春から秋にかけては知床の森をハイキングするのが定番となっていますし、冬は流氷がやってきます。ただ、とてもヒグマが多いエリアでもあるので、ハイキングする時は熊避けの鈴やスプレーが必要不可欠です。
このように、北海道は国内旅行先として唯一無二の魅力があると言っても過言ではないですし、だからこそ多くの人から支持されています。

ハイキングが楽しめる国内旅行

国内旅行で自然の中を歩くなら屋久島がおすすめです。屋久島は鹿児島県の海上に位置する島。1993年に世界自然遺産に登録されました。世界自然遺産に登録されていることもあり、海外からも観光客が押し寄せる観光スポットです。
屋久島の特徴は自然の多さ。ジブリ映画「もののけ姫」のモデルに抜擢されたことで知られています。普段の国内旅行でも見ることのない植物もいくつか見つかるのではないでしょうか。もちろん縄文杉や大王杉も見逃せません。
その自然の多さから、日本屈指のパワースポットとしても有名。屋久島を訪れた人の中には「屋久島に降り立った瞬間からパワーを感じた」という人もいるくらいです。パワースポット巡りが好きな人には大人気の観光地です。
ハイキングに疲れたら平内海中温泉を訪れてみてはいかがでしょうか。この温泉も屋久島の自然の一環。温泉も国内旅行ならではの楽しみですが、注意が必要なのは干潮時の2時間前後しか入れない点。必ず潮の満ち引きを調べてから向かいましょう。
屋久島は通常の国内旅行とは異なり、ある程度のまとまった休みが取れないと訪れるのは難しいです。しかし屋久島の豊かな自然は時間のある時にこそ楽しむことができます。

紅葉を楽しむ国内旅行

日本といえば四季があり、季節によって様々な表情を見せてくれます。国内旅行での楽しみは人それぞれですが、中でも鮮やかに色づく紅葉は、目を楽しませてくれます。ハイキングをしながら自然を感じるのもいいですし、寺社仏閣で紅葉を眺めるのも趣があって良いものです。国内旅行の計画を立てる中で、どちらを選べばよいのか迷う方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめな国内旅行が、武家の古都である鎌倉で紅葉を楽しむことです。鎌倉の紅葉シーズンは11月中旬から12月初旬頃まで。禅寺の建長寺と谷戸にある瑞泉寺をつなぐ、天園ハイキングコースがおすすめです。建長寺は鎌倉の禅寺のなかで格式高い寺で、境内にある半僧坊から眺める紅葉は格別。ハイキングコースの出入り口にもなっています。全長約4キロのハイキングコースは、標高があまり高くないので、ハイキング初心者の方でも楽しむことができます。ハイキングコース内には展望スポットがいくつかあり、様々な角度から景色を眺めることができるのも楽しみのひとつ。ハイキングが終わったら、コースの出入り口側にある瑞泉寺の石の庭園で紅葉を眺めながら心を落ち着かせるのも乙なもの。国内旅行だからこそ、あらためて和を感じるのもいいものですね。

川下りが体験できる国内旅行

国内旅行といえば何と言っても京都。京都の保津川の川下りはひと味違う京都の旅を楽しめます。特に海外の方には大変喜ばれます。日本人でも国内旅行といえば京都ですから、その際は保津川下りもプランに入れてみたらいかがでしょうか。
オススメはトロッコ嵯峨駅からトロッコ列車へ乗り込む。国内旅行に何度も行っている人でも、京都の景色をトロッコ列車から見るのは格別です。そして、トロッコ亀岡駅で下車。そこからバスで川下りの場所まで移動するのですが、バス待ちの時間も馬が居たり、お土産屋さんがあったりで案外楽しめます。保津川下りは人気なので込みますが、待ち時間もゆっくり座っていられるので、子連れでも大丈夫です。
季節によっては結構待つのでそこは注意。いよいよ川下り。思ったよりも時間が長いので覚悟してください。1歳児と5歳児を連れて乗り込みましたが、1歳児は途中で昼寝をして、5歳児は途中あきてお菓子をボリボリ食べていました。お弁当やお菓子を準備して乗り込むことをオススメします。
大人は船頭さんのユーモアたっぷりのトークに笑えてなかなか楽しめます。外国から来た友人を連れて乗り込んだ時には、駄洒落をうまく訳せずに伝わらなかったかもという反省点がありつつ、船頭さんも外国人観光客に慣れているのでしっかり楽しませてくれます。その上写真撮影もしてくれます。国内旅行でも保津川下りの船頭さんのプロフェッショナルには学ばされます。
参考サイト